続 カラーのしくみ

さて、続きいってみます!

カラーは色が上から乗っかってるだけじゃないってのは、前のブログに書いた通り。

じゃあ、もっと詳しくいきましょー⭐️

黒髪にグレー(シルバー)のアルカリカラーをすると、、、



まず、カラー剤が元々の黒髪を脱色し始めます。その後にグレーが代わりに入り込みます。

さて、どうなると思いますか?










正解は、、、

















茶色になる


です。

多分このくらいかな?

ん?

おかしくないか?

脱色して、代わりにグレーが入るのに、なぜ

こんな感じにならないの??


厳密に言うとグレーは入ってるけど、あなたの髪のメラニンが脱色しきれて(明るくない)ないから黒や、茶色に邪魔されて【見えない】んです。

色鉛筆とかクレヨンとか想像してくれたらわかるかもですが、明らかにグレーの色より黒とか茶色の色って濃いですよね??上から塗ったらグレーのとこ、塗りつぶせますよね?



カラー剤は、一度に脱色、(メラニンを削る)と加色(色が中に入って発色)を同時に行ってる為、一度のカラーだと髪の脱色作用に限界があるんですよ。




これが黒や、赤みの感じる茶色から一回のカラーでグレージュなどの淡いカラーにできない理由なんです。




さて、ここまでわかって頂けた方は、もうわかるかもしれませんが、ここからが本題。

「ダブルカラー」について。


先程髪の元々の黒や、茶色といったものがグレーなどの淡い色を見えさせなくする。と書きました。じゃあ、写真のような色はどうやってんのか??



1.先ずは「脱色だけを行うカラー、もしくは薬剤」で髪を明るくします。

2.その後、希望色(今回だとグレー系)の色を乗せます。(美容師さん向けに書いてないから補色どうこうは省きます。)

そうすると、、、










出来上がり⭐️⭐️⭐️

理にかなってないですか??一回のカラーだと限界がある透明感、色の強さ、淡さ、が別々にやる事でまた違った味わいのカラーになる。



これが「ダブルカラー」というやつです。


美容院にいって、カタログや、スクショ見せて、

「これいったん明るくしないと無理ですねー」


なんて言われた事あるでしょ?!
あれですよ!


たまーにカラーの退色が明るかったり、赤味が少ない子は意外と一回で近づけれたりもしますが、確実なのは、2回カラーですかね^_^;


いかがでしょうか??

僕としてはストレートやるお客様だとあまりオススメしてませんが、そうじゃない方はどんどん透明感出してこうぜ!スタンスです。

ご相談だけでもライン@、インスタDMにてお受けしておりますので、宜しくです^_^

ではでは⭐️



ネット予約


和歌山市 美容室 aohair【アオヘアー】さこはた大輔 のブログ

和歌山市の美容室aohair チーフディレクター 2016年、シャンプーソムリエ資格を取得しました。現在、お客様からのシャンプー剤、ヘアスタイルのご質問、ご相談も個別にブログ内のLINE@にて対応しております。 LINEからのご予約も可能となっております。 tel0734265550 aohair 和歌山市北ノ新地1-9